• ホーム
  • コンタクトレンズの上からでも使える花粉症用目薬がある!

コンタクトレンズの上からでも使える花粉症用目薬がある!

カプセルを持っている男性

花粉症になると目のかゆみが大変気になります。花粉の時期には目をこすってしまい目自体を傷つけてしまう危険性もあったり、花粉症用の目薬を処方されることもあったりするので、ソフトコンタクトレンズを付けるのに躊躇してしまうこともあります。

ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズに比べて柔らかく付け心地が良いのが特徴ですが、眼球を傷つけてしまうこともあり、清潔な手で扱うことが重要となるものです。頻繁に目を掻くと当然眼球にも影響を受けてしまうので、あまりにも目がかゆい場合はソフトコンタクトレンズを着用しないほうが良いのです。ですが、どうしてもソフトコンタクトレンズが必要であったり、メガネをかけるとおしゃれに見えない可能性もあったりするので、目の状況に合わせて考えていくと良いでしょう。

コンタクトレンズでもハードの場合は花粉症の目薬を使用することができます。ですが、酸素透過性のハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズの場合、抗ヒスタミン点眼薬に含まれている防腐剤などが少しずつ吸着し目に影響を及ぼしたり、コンタクト自体が変形を起こしてしまう可能性があります。そのためコンタクトレンズよりもメガネの方が花粉症の時期には良いのです。

ですが、近年ではソフトコンタクトレンズをしていても点眼できる目薬が販売されています。抗ヒスタミン点眼薬と同じ働きをするクロルフェニラミンマレイン酸塩などが含まれており、目にうるおいをもたらす成分も含まれています。防腐剤などの添加物も含まれていますがレンズの変形や白濁を防ぐことができ、目への負担も軽減することができます。目薬を選ぶときは必ずソフトコンタクトレンズを使用していても点眼することのできる目薬を選ぶようにしましょう。

おしゃれで、着る服を選ばないコンタクトレンズは大変便利ではありますが、角膜を傷つけてしまう危険性の高いものでもあります。ちょっとぐらいいいかな、と思って通常の目薬を使用してしまうと、眼球に負担が生じ角膜に影響を及ぼしかねません。角膜が傷ついてしまうとコンタクトレンズは装着できなくなるので注意しましょう。

もし、花粉症用の目薬が無い場合は目薬を使ってからコンタクトを装着するようにします。花粉は目にも入ってきますから、ワンデイタイプの使い捨てレンズを使用すると良いです。いつも清潔に保つ、ということがとても大切になってくるので、安易に適応しない目薬を使用しないようにします。

関連記事
花粉症を悪化させる間違った行動習慣とは 2019年10月31日

花粉症はスギやヒノキ、ブタクサやヨモギといった植物が原因となって起こるとされていますが、実は花粉だけが原因ではありません。自律神経が乱れることによっても引き起こされます。花粉症になると鼻づまりや鼻水によって夜良く眠れなくなり、ストレスがたまったり、つい夜更かしをしたりしてしまいます。人間が成長するに...

花粉症による鼻詰まりで眠れない!解消法を教えます 2019年10月16日

花粉症の症状に、鼻水や目のかゆみといったことの他に、鼻づまりもあります。鼻づまりは風邪の場合は明らかにわかることが多いのです。そして鼻づまりは鼻水が詰まった状態ではなく、実は、鼻の粘膜が腫れて空気の通りが悪くなっている状態にあります。もちろん鼻水が多いことで詰まることもありますが、炎症反応として腫れ...

子供か花粉症かどうかしっかり見てあげましょう 2019年09月08日

子供の場合は、大人と違って風邪をひく回数が多いです。そのため花粉症と気が付くのが遅くなり、長い間苦しんでしまうことがあります。花粉症は大人の症状のように思いますが、実は子供でも花粉症になります。しかも年々に増加傾向にあり、ひどい場合はゴーグルなどを使用して防がなくてはなりません。大人と違い子供は症状...

花粉症で呼吸困難も起こり得る!危険な症状について 2019年08月23日

花粉症は2月中旬から3月下旬にかけてスギが、4月下旬まではヒノキが原因となって起こります。そして7月ごろからは秋の花粉と言われるスギ科の植物やブタクサ、ヨモギといった身近な植物がアレルギーを引き起こすきっかけとなってしまいます。近年では花粉症になる人が多くなっており、逆に症状が出ない人の方が珍しがら...

花粉症の治療薬は通販でも買える【多忙な方必見】 2019年08月13日

花粉症は耳鼻科などの病院に行き、薬を処方してもらわないと症状は軽くなっていきません。目のかゆみや鼻づまり、鼻水といったことは生活に支障が出ることが多いためどうしても花粉症の場合は薬の服用が必要となってくるためです。ですが、薬は通常多く処方してもらうことはできません。最低でも1か月に1度は病院に行き医...