• ホーム
  • コンタクトレンズの上からでも使える花粉症用目薬がある!

コンタクトレンズの上からでも使える花粉症用目薬がある!

カプセルを持っている男性

花粉症になると目のかゆみが大変気になります。
花粉の時期には目をこすってしまい目自体を傷つけてしまう危険性もあったり、花粉症用の目薬を処方されることもあったりするので、ソフトコンタクトレンズを付けるのに躊躇してしまうこともあります。

ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズに比べて柔らかく付け心地が良いのが特徴ですが、眼球を傷つけてしまうこともあり、清潔な手で扱うことが重要となるものです。
頻繁に目を掻くと当然眼球にも影響を受けてしまうので、あまりにも目がかゆい場合はソフトコンタクトレンズを着用しないほうが良いのです。
ですが、どうしてもソフトコンタクトレンズが必要であったり、メガネをかけるとおしゃれに見えない可能性もあったりするので、目の状況に合わせて考えていくと良いでしょう。

コンタクトレンズでもハードの場合は花粉症の目薬を使用することができます。
ですが、酸素透過性のハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズの場合、抗ヒスタミン点眼薬に含まれている防腐剤などが少しずつ吸着し目に影響を及ぼしたり、コンタクト自体が変形を起こしてしまう可能性があります。
そのためコンタクトレンズよりもメガネの方が花粉症の時期には良いのです。
花粉症に効果的な目薬の一つにパタノールがありますが、こちらはコンタクト着用時には使用できません。
使用の前には注意をよく読み、しっかりとパタノールの効果を知る必要があります。

ですが、近年ではソフトコンタクトレンズをしていても点眼できる目薬が販売されています。
抗ヒスタミン点眼薬と同じ働きをするクロルフェニラミンマレイン酸塩などが含まれており、目にうるおいをもたらす成分も含まれています。
防腐剤などの添加物も含まれていますがレンズの変形や白濁を防ぐことができ、目への負担も軽減することができます。
目薬を選ぶときは必ずソフトコンタクトレンズを使用していても点眼することのできる目薬を選ぶようにしましょう。

おしゃれで、着る服を選ばないコンタクトレンズは大変便利ではありますが、角膜を傷つけてしまう危険性の高いものでもあります。
ちょっとぐらいいいかな、と思って通常の目薬を使用してしまうと、眼球に負担が生じ角膜に影響を及ぼしかねません。
角膜が傷ついてしまうとコンタクトレンズは装着できなくなるので注意しましょう。

もし、花粉症用の目薬が無い場合は目薬を使ってからコンタクトを装着するようにします。
花粉は目にも入ってきますから、ワンデイタイプの使い捨てレンズを使用すると良いです。
いつも清潔に保つ、ということがとても大切になってくるので、安易に適応しない目薬を使用しないようにします。

関連記事
妊婦の花粉症を甘く見てはいけない理由 2020年02月10日

花粉症は年齢を問わずなることが多いです。妊娠によって軽くなるかな、とも感じてしまいますが、あまり変化は見られないことが多いです。そして逆に妊婦になってからひどくなった、ということもあり、妊婦だからといって甘く見てはいけないのです。花粉症を軽減する薬もありますが、お腹の中の赤ちゃんの影響を考えると安易...

首や顏が赤くなったら花粉皮膚炎の可能性!? 2020年01月04日

花粉症は主に目や鼻といったところに症状が出てきます。かゆみや鼻水が止まらない、鼻づまりがひどい、といったことが起こるのですが、時として首や額、顏といった部分が赤くなることがあります。このような場合は皮膚炎を起こしている可能性があるので、皮膚科を受診すると良いでしょう。花粉の時期に首や額、顏が赤くなる...

花粉症対策になる食べ物をご紹介 2019年11月29日

花粉症はスギやヒノキといった植物がアレルギーのもととなっていることが多いです。花粉は目にあまり見えないですが体は敏感になっているので、風の強い日を中心に症状が重くなるのが一つの特徴でもあります。見えにくい花粉だからこそ早めの花粉症対策が必要となってくるのです。花粉症対策には、ざらざらしている服よりも...

花粉症を悪化させる間違った行動習慣とは 2019年10月31日

花粉症はスギやヒノキ、ブタクサやヨモギといった植物が原因となって起こるとされていますが、実は花粉だけが原因ではありません。自律神経が乱れることによっても引き起こされます。花粉症になると鼻づまりや鼻水によって夜良く眠れなくなり、ストレスがたまったり、つい夜更かしをしたりしてしまいます。人間が成長するに...

花粉症による鼻詰まりで眠れない!解消法を教えます 2019年10月16日

花粉症の症状に、鼻水や目のかゆみといったことの他に、鼻づまりもあります。鼻づまりは風邪の場合は明らかにわかることが多いのです。そして鼻づまりは鼻水が詰まった状態ではなく、実は、鼻の粘膜が腫れて空気の通りが悪くなっている状態にあります。もちろん鼻水が多いことで詰まることもありますが、炎症反応として腫れ...